ル・コルビュジェの『ラ・トゥーレット修道院』に宿泊する方法(予約編)




ロンシャンの礼拝堂と並ぶ、ル・コルビュジエ後期の代表的作品『ラ・トゥーレット修道院』は、実際に宿泊することができます。私は2007年の夏に宿泊しました。情報が少なく予約にとても苦労したので、今後泊まる方のために思い出しつつ記録していきたいと思います。少しでもお役に立てば嬉しいです。

なお、これから書くことは2007年当時の話のため、いまは変わっているかもしれません。あくまでご参考に。



0.まず、ラ・トゥーレット修道院の基本情報

フランスのリヨン郊外にあり、「リヨン市街中心部より西北西に直線距離約15km。市街からは国道N7号(リヨン・パリ道路)でラルブレル(L'Arbresle)経由で約25km。あるいは、リヨン中央駅から地方鉄道でラルブレル下車、エヴー(Éveux)経由で約1.5km」(wikipediaより)。私は電車が不安だったので、車で行きました。

1.まずはサイトで予約方法を確認

2010年12月現在、ネットでオフィシャルサイトを検索すると
http://www.couventlatourette.com/
このURLがヒットします。

(サイトキャプチャ)背景の写真はまさに建物内部のものですね。


おそらくこの場所だと思います!入り口から伸びる廊下部分ですね。

サイトの下の方にSITE IN RECONSTRUCTIONと書いてありますね。2007年当時は SITE IN CONSTRUCTION と書いてあった記憶があるので、一度サイトが完成したけれど、また準備中に戻ったのかもしれません(笑)。当時はここで何もクリックできなかったのですが、今はページのどこかをクリックすると別のページに移動できます。



これがリンク先のページです。左上に大きく Dominicans (ドミニカンズ)と書いてあるので、ドミニコ会のページのようですね。ドミニコ会というのは(ちょっとウル覚えですが)カトリックの修道会の一つで、ラトゥーレット修道院もその修道会が利用する修道院の一つにあたります。

2.電話番号やE-mailアドレスを確認

ページの真ん中左に緑字で Contact the priory とあるので、そこをクリックすると、電話番号やE-mailが表示されます!雰囲気的にはラ・トゥーレット修道院のオフィシャルな連絡先のようですね。

(アクセス)Route de la Tourette 69210 Éveux France
(電話番号)+33 (0)4 72 19 10 90
(郵便)BP 105 - 69591 L’Arbresle Cedex
(E-mail)accueil.couventdelatourette@orange.fr

2007年当時の私は、オフィシャルサイトで行き詰ってしまったため、検索で以下のフランス語のツーリスト用のサイト?を発見し、電話番号とE-mailを見つけました。
http://rhone-alpes-auvergne.france3.fr/dossiers/2440378-fr.php
タイトルにLe couvent de la Tourette interdit au publicとあるので、パブリックなツーリスト用と都合よく解釈(笑)。

(電話) tel. + 33 (0)4 74 26 79 70  fax + 33 (0)4 74 26 79 99
先程のサイトとちょっと違いますね。
(郵便) BP 105 · Eveux 69591 L’Arbresle cedex
これは先程のサイトとほぼ同じです。
(E-mail) culture@couventlatourette.com
これは先程のサイトと違いますね。

現在どのアドレスや電話が生きているかわからないのですが、当時はもちろん後者のほうで予約を進めました。これから予約される方は、E-mailはどちらにも送り、電話も古い方から順番にかけていただくのがよいかなと思います。

3.いよいよ連絡!

まず私は、メールを送ってみました。こちらが何者か、連絡先と宿泊希望日を英語で記入し送信。私も含めて、英語が苦手だという方は↓このサイトが参考になります。
http://www.eigo-samples.com/hotel-booking/index.html
ホテル予約の英文Eメール例文サンプル集

なお、そもそも英語が通じるのか不安だったので、英文を仏訳サイトで訳したフランス語のメールでも送りました。内容があっているか確証はありませんでしたが。。。

返事はすぐにはこなかったのですが、旅行一週間前と急いでいたこともあり(笑)、結局電話をしてしまいました。英語通じます。行ってみて分かったのですが、受付は結構ちゃんとしていてフレンドリーなところなので、あまり怖がらなくてもよかったんだなと思います。


これがオフィスです。土産物屋さんに併設。学生さんのバイト?

電話で(なんとなく)わかったことは「去年の9月から修復工事をしており、完了に4・5年かかる。でも夏に期間限定で宿泊を受け付ける。宗教施設なので、審査をしたいから宿泊したい動機を文章にして送ってくれ」ということでした。そこで「ドミニコ会の歴史と修道院の暮らしぶりに興味があるのです」のような文章を送ったところOKの返事。後で他の宿泊者に聞くと、このやりとりはなかった人もいるので、本当に必要かは不明。

追加で教えてくれたのは、「夜の6時にゲートが閉まるので、その前に来てほしい」「個室で、一泊50ユーロで夕食・朝飯つき」ということです。今度はFAXでコンファームレターを送れといわれたため、名前と生年月日とパスポートナンバーを送りました。これで予約は完了です。

E-mailは通じていたので、最後のコンファーム以外は、すべてE-mailで進めていくこともできそうです。当時は修道院自体が修復工事中だったので、修復が完了している現在はもっと予約しやすいかもしれません。

では、実際の訪問結果やツアーへの参加方法については次の記事でお伝えします!

なお、私はフランスのコルビュジェ建築を一気に回ったのですが、そのときにものすごく役に立ったのがこの本です。フランス国内に現存する36作品全てが、地図と詳しい行き方の解説付で網羅されています。さらに、具体的な電車やバスの乗り継ぎ方法や、建物の見学許可が必要かなども詳細。しかも文庫本サイズのため旅行にはとても手軽で、まだ持っていない方はぜひ購入をおすすめします。

『世田谷美術館』を設計した内井昭蔵の『目黒不動前マンション』が入居者募集しています




内井昭蔵さんは戦後の日本建築史を代表する建築家のひとり。教会の建築を手がけた河村伊蔵を祖父、建築家の内井進を父に持つ建築家一家の生まれ。内井さんは、特に公共施設において多くの作品を残しています。


1986年竣工の『世田谷美術館』


1990年竣工の沖縄『浦添市美術館』


1992年竣工の富山『高岡市美術館』が有名です。

また集合住宅でも多くの名作を残しており、この目黒不動前マンションはその一つ。
1977年竣工ですが、いまだに空きがでればすぐ埋まる人気です。



内井さんの著書には『モダニズム建築の軌跡』という名著があります。丹下健三、吉村順三、隈研吾、内藤廣、岸和郎、磯崎新といったそうそうたる顔ぶれとの対談集。1960年代のモダニズムの旗手たちが何を考え、何に熱中したのかを自身の言葉で答えています。


内井さんの建築に対する理念が「健康な建築」。年初に世田谷美術館であった回顧展での紹介文には「建築の中に自然を回復させ、その秩序から生まれる装飾を建築に取り込んでいきました。建築というものが人間にとって親しみやすい存在であること、そして人間と建築が馴染みあう空間を求めた建築家であったといえましょう」とありました。

このマンションも重厚感の中に、安心感を内包している感じがありますね。

■図面、スペック、空き状況、問い合わせ方法など詳しい情報はこちらで見られます
R的な視点で物件探し R-STORE の物件紹介ページへ

長谷川逸子設計のとんがり屋根マンション『NC HOUSE』が入居者募集しています。




まず目を引くのがその外観。◯□△を組み合わせたおもちゃ遊びをそのまま大きくしたようなファンタジーな建築です。しかしコンクリートのファサードのため、決して乙女のような印象ではなく、むしろソリッドで静かな雰囲気が漂っています。

建築家、長谷川逸子さんのデザイナーズ物件。今回は203号室が入居者募集とのこと。1984年7月竣工のため築25年以上経っていますが、人気物件のためか、管理がいまも非常に行き届いており、古さは感じさせないそうです。

長谷川逸子さんは、公共建築賞受賞など日本の大型公共建築でその実力を高く評価されており、半生を辿る伝記が出版されています。とても丁寧で読みやすい本です。


現場写真ではわかりにくいですが、敷地内には緑も多いです。実際の使い勝手としても、ウォークインクローゼットがあるためものが散乱することがなく、すっきり使えるとのこと。12月末日までにご成約の方、「礼金ゼロ」のキャンペーン中だそうです。

■図面、スペック、空き状況、問い合わせ方法など詳しい情報はこちらで見られます
不動産賃貸の総合ポータルサイト HOME'S の物件紹介ページへ
R的な視点で物件探し R-STORE の物件紹介ページへ

無印良品の建築つみ木『IN A BAGシリーズ』がリニューアルして今年も発売開始!全リスト




クリスマスの机の上をにぎやかにしてくれる、限定商品「MUJI Xmas 2010 | 木製玩具 CITY IN A BAG」が発売開始されました。ネットでしか手に入らない、全ラインナップ8つををさっそく紹介しましょう。すべて無印良品ネットストアへリンクしています。

■国内編(3つ)

CITY IN A BAG・東京

CITY IN A BAG・京都

CITY IN A BAG・江戸

■海外編(2つ)

ITALY IN A BAG

BARCELONA IN A BAG

■スポット編(3つ)

RAILWAY STATION IN A BAG

AIRPORT IN A BAG

STREET IN A BAG

手のひらサイズの可愛い木製オブジェ。すべて自然環境を考え植林材を使用しているそうです。

坂倉準三設計、みかんぐみ改修設計の『東京日仏学院』にある『ラ・ブラスリー』




東京日仏学院は東京・神楽坂に建つフランス文化発信拠点です。フランス語学校を中心に、図書室、映画館、ショップ、レストランを備えています。そのレストラン『ラ・ブラスリー』の評判がすごく良いので行ってみました。ウェディングにも使えるとのこと。さっそく見学!の前に坂倉準三設計の館内を探索してみたいと思います。



エントランスにあるコンパクトなショップ内は、雑然としていてまさにフランスの街の本屋のよう。フランス語学習教材のほかに、日本の漫画のフランス語版も売られています。GTOとか人気らしい。プワゾン(フランス語でポイズン)!



フランス語圏向けの日本語教材も売ってました。まったく期待を裏切らない「Ukiyoe」テキスト!そして館内へ。







フランスならではの赤と青を貴重としたシンプルで素朴なデザイン。フランス・フェルミニにあるコルビュジェの青少年と文化の家を思い出しました。



そしてこの建築のポイントが、この階段室です。手前の階段のほかに、奥にも階段の入り口があるのが見えるでしょうか?



二重螺旋の階段なのです。もともと旧館の3階は館長の住居であったため、通常用の階段とサービス用(女中が使う?)の階段を分けて二重にした…という噂ですが真実はいかに。



見上げるとトップライト。井戸の中にいるよう。



この筒状の部分が階段室です。裏庭につながっています。



裏庭から。



すっかりレストランのレビューということを忘れそうですが、裏庭にあるのが『ラ・ブラスリー』です。小道を歩いてアクセスします。



ごちそうさまでした!といいたいところなのですが、実は満席で入れなかったというオチ。。。レビューによると、3500円からとかなりリーズナブルにフランス料理が食べられるとのことで、土日は予約でいっぱいだそうです。また挑戦したいと思います。行かれた方がいらっしゃったら教えてくださいね。

■メニュー、営業時間、場所、予約方法など、詳しい情報はこちらで見られます