模型制作の人物たちが簡単につくれるキット




紙の1/100建築模型添景セットです。卒業制作の直前にこの存在を知ったんですが、時間軽減にものすごく助かりました。ちょっと高いんですが、時間には変えられません。ふつうにプレゼントとしてもかわいいと思います。



プラモデルのようなシートもかわいいですね。

オフィシャルサイトへ

土日メインで通う社会人向け建築学科


京都造形芸術大学 通信教育部 建築デザインコース


通常の大学と同様ですので、卒業後は二級建築士の受験資格が得られます。

4人のキリストが向き合う、安藤忠雄設計「水の教会」


北海道・千歳から車を飛ばして3時間以上、富良野を近くに感じる「アルファリゾート・トマム」の広大な敷地に佇む、安藤忠雄80年代の作品、水の教会です。



大自然のど真ん中で、安藤コンクリートの存在感がどう作用するのか楽しみだったんですが、意外にも共生していて、異物感があるのに心にすっと入ってくる。十字架を組み合わせるというかなりぶっ飛んだオブジェも、キワモノではなくなんだか宇宙から必然に降りてきたよう。





風、水、鳥、空、緑、素の身体に透き通ってくる感覚は、今まさに新しく始まる2人にふさわしい感じ。この日はちょうどどなたかの結婚式が行われていらっしゃいました。お幸せに!

オフィシャルサイトへ

ブロックルーバーから漏れる優しい光の中で高級和食をいただく




分けとく山/隈研吾/東京

広尾にある高級和食店です。
NHK「今日の料理」を担当している料理人さんがいらっしゃいます。

食べログで「分けとく山」を見る

美術館閉館後。夜の原美術館で結婚式


原美術館/渡辺仁(増改築/磯崎新)/東京/1938

原美術館は美術館の創始者である現館長の祖父にあたる昭和の実業家であった原邦造の邸宅を改修したもの。原邦造は凄腕の経営者だった一方で、心安らかで執着心や欲といったものを感じさせない人だったとか。質素で優しい雰囲気が庭にも建物にも漂う、ふらりと親戚の家に遊びに来たような空間です。

この原美術館に併設されているカフェ「カフェダール」を結婚式場として使うことができます。美術館の開館時には結婚式を行うことは無理なので、閉館後の18:00以降の式となります。

オフィシャルページはこちら